同乗出来る引越し2012年09月23日 15:08

昨年の実家へ戻る引越しは、引越しトラックの助手席に乗っけてもらって、ラッキーなことに交通費を削減しました。
4年の学生アパートでの生活も「おさらば」と言うことなんですが、実家に戻っても就職難と言うか・・
しょうがない気もするんですが、取り合えず、3食・宿泊付きなんで、じっくり将来のことを考えたいと思います。

こう言うケースは結構あると思いますよ、震災の影響で採用取り消しとか、待機とか・でも、アパート代払ってバイトに明け暮れるのも根性が必要だし・・私にとって見えない大変があるんで、実家に戻りました。
引越し作業をして頂いた、赤帽は親切で、東京から仙台までの5時間あまり、色んな話をして、何か小さな悩みも薄らいてきたような気がして少しばかりリセットしました。

最初は大手の引越し屋さんに決めようと思っていましたが、何十万と言う価格で少しは値切りましたが、作業員2名で2トン車がもっとも小さなトラックと言われ、こっちは、単身用冷蔵庫、洗濯機、小さな箪笥とシングルベット、ダンボール数個なんで、「トラックとドライバーだけ用意していただければ、自分が積込みをします」と言ったのですが「出来ません」とのことでした。

それで、ネットで赤帽さんを見つけ見積依頼をしたら・・何と¥50000ぐらいでした。で・・即!!申し込みました。
長距離の同乗は危険と言われましたが、強風や道路状況も良かったので安全な運行状態で実家への戻りになりました。