単身赴任2012年09月28日 09:33

急に支部移動を申し渡され、遂に私にも単身赴任のおじさんになりました。
以前、学生のときに一人暮らしの経験があるんで、それには問題ありませんが、私が住むところを捜し、それから、引越し業者も見つけて引越しすると言うスケジュールなんです.。

もちろん、その捜す日の会社への休みは頂きましたが、それが、2日だけなんで、アパート捜しだけで終わってしまうような気がします。

荷物もあるので、荷物を片付けることだけでも、「2日ではむりだろうが!」と思ってるんですが、やるしかないと言うことなんです。


それで、支部移動なんですが、今住んでいる茨城から神奈川なので、1日でアパートを契約しなければならないのです。
条件は出来るだけ会社に近いことが優先ですが、家賃は会社負担額がある程度、決まっていることです。

私も負担しなければならないので、厳しい出費になってしまいますが、思い切って、最寄りの駅 に近いところをゲットしました。
それで、あとは、引越し業者を決めて、荷物をまとめること、捨てる荷物を処分することが主な課題です。


日曜日に荷物を段ボール詰めしてまとめてみると、そんなに多くなならないと思います。

偶然、このマンションへ引越し作業をしていた、赤帽に引越し料金を聞いてみると、¥30000もあると大丈夫とのことで早速お願いしました。

次は、不要品の処分なんですけど、これが、難問です。今使っている冷蔵庫や洗濯機は市のクリーンセンターへ依頼して、引取りステッカーを購入すれば済むんですが、急なことなので、決まった曜日に出せなく、結局、リサイクル業者へ頼み、引越し料金より高くついてしまいました。

捨てることにこんなにお金が掛かると言う ことに痛感したしだいです。