グループ展示会の運送2012年10月03日 10:20

高校の美術教師をしながら、石膏で人物像を作っております。作品はほとんど、等身大のものなので、大きなものが多くなります。 よって、力仕事になり、既に腰痛に悩まされえているのですが、作品造りが私の人生なので、仕方がありません。 それで、作品を日展とか展示会場へ搬入するのですが、結構費用が掛かります。 今まで、美術品専門の運送会社に依頼していましたが、神奈川から都内へ運ぶだけで数万円掛かります。 この費用を少しでも抑えることが出来ればと考えていたところ、グループ展示会への出品があり、その会場で、赤帽車から作品を運んでいるのを見て、早速、聞いてみると嘘のような安い料金でした。 それで、即、赤帽さんから名刺を頂き、次回から利用することにしました。 赤帽は軽トラックなので、私の作品の量では、問題なく積込み可能で、しかも、助手席に乗っけてもらい、会場へ行くことが可能とのことです。 これが、一石二鳥と言うことでしょう。もちろん、私も作品を一緒に持って運ぶことになりますが、同乗して搬入、展示期間が終われば、アトリエまで同乗して搬出ができると言うことです。スムーズで安いと言うことでこれから少しばかり出費を抑えることが出来ます。 ミュゼ柏

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hikkoshi.asablo.jp/blog/2012/10/03/6592104/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。